青井橘  手紙書けばよかった。

いつかは届く。きっとやで。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 果ての果てで、てかげんせずに

奪われることや、奪うこと
ありえるんだろう

善き人悪い人、そういうひと
いるんだろう

でもね、わたしは、その全体的な悲しみを
包んでいる悲しみが、悲しい

いつか、ここからいなくなること
それでも続いていく世界が、悲しいわけでも
怖いわけでも、もうなくなった

と思っていた

たった一人で行く先に、なにもないこと
無が、口を開いて待っている
それが希望なのだと
反転した希望なのだと
逆説の希望に焦がれてた

こんなに忙しい意識の世界から抜け出して
溶けて流れて解体してく
解体してく
解体、してください

なにかいるのなら、そのなにかが、してくれるなら
悪魔にだって祈るよ 解体してください

そんなふうに投げ出してみたけど無理

大切な人を失っても生きていかなくちゃならない時
そんな時がきっと来る
見ないふりしても駄目
ないことにしても無駄

いつか、それは来る

来たるべき悲しみに準備するため
今をてかげん、すべきなのだろうか

死がわたしとあなたをわかつ時
あまりに悲しまないために、
てかげんして愛して、
喪失を埋めてくれる綿を、
あらかじめわたしを満たせるものを準備しておく

あるいは、大切な人がここからいなくなったら
生きてなんていなくていいよ、としておく

わたしはね、どっちも違うと思うんだ
来たるべき悲しみを悲しみきるため
精一杯、愛するよ

やんわりと、人が人を見ている時代に
こんなこと言うの恥ずかしいけどさ
べつに、恥かいたっていい

愛した先の悲しみを悲しみきる
てかげんなんて、しないで

怖いよ怖いよ
とても怖いよ悲しいよ

てかげんなしで、悲しいよ

でも

もしかしたら、そんな悲しみだけが、
あなたともう一度、再会させてくれるかもしれないから

わたしはいま、ここで、共に生きる間
てかげんしないで愛するよ

動けない、生と死の間をさまよう人形になっても
涙が流れるなら、人形は生きています
悲しんでいます 
恐れています

てかげんなしで、
あなたを愛し、悲しんでいます

あなたを愛し、生きています



スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://aoitatibana.blog99.fc2.com/tb.php/16-4f3cd809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

青井橘

Author:青井橘
手紙書けなかった。
青井橘の手紙ページ。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。