青井橘  手紙書けばよかった。

いつかは届く。きっとやで。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ オブジェ・オブジェクション

本当はすごく泣きたいし
悲しいし
それがなんぼのほど悲しいかということを
えんえん吐き出したいんじゃないか

とりあえずお前らそこに正座して
俺の話を聞け
オマエの話をしろ
とりあえず 泣け 喚け

こうべをたれてしょんぼりして
悲しみや混乱や怒りを
叫びたいんじゃないか

でもそれをしてしまったら
もう動けなくなってしまいそうで
もうどこにも行けなくなってしまいそうで

だから、喪失を受け止めるより忘却する
それでなんとか笑っている

そうやってだましだまし、そろそろと歩いて行く

そんな選択を、せざるを得ない状況がある

それは悲しみを包んだ、ケミカルな糖衣
あるいは、針を隠す綿の詰め合わせ

陰鬱であることが否定され
でもえらいことたくさんの人が
や、私も暗いです病んでますといえるツールを手に入れ
そっかあなたも
実はわたしも
え君らそうなん

というのが

そういうのってあるよね

となるのに

かかった時間があまりに短かった

「そういうの」のオブジェが配置された
無機質な美術館になるまでに

無言の人影がじっと立ち並ぶ
雑踏の景色になるまでに

だから今のこの悲しみに向き合えない
目を背け、きれいなものだけ見ようとする
乱痴気騒ぎをしてやり過ごす

めちゃんこ傷ついているんですけど
もう立ち上がれないくらいなんですけど


そういう露骨なこと言うとだめだよ的空気を
なんやかんやよってたかって作りだしてしまった
ここ三十年のこの国を

一度みんなで悲しんだっていいんじゃない

オブジェなんて壊して
心を固まらせたあれなんてぶち壊して

今目の前にいる人と悲しみを悲しみ合ってもいいんじゃない

などと

私は泣いて泣きながら
その涙が乾くまで寄り添ってくれる人の真綿にくるまれながら

えらそうに言って

その人の心も泣いているのがわかるから
今は泣きあおうね

そうなふうに過ごした春
この二ヶ月あまりの時を
もったいないとは思わないよ

共に泣いたら手をつないで歩いて行けるから









スポンサーサイト

プロフィール

青井橘

Author:青井橘
手紙書けなかった。
青井橘の手紙ページ。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。