青井橘  手紙書けばよかった。

いつかは届く。きっとやで。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ キミは私でないのだからほんとうに手紙書けばよかった

あの頃、折り重なって眠る私たちのこと
もふもふの実験動物みたい、と思うことがあった
弱くて
寂しがりやで
運命に無力で

あの雨の日、雨音が好きなキミの寝顔みて
私は野良猫、キミは濡れた子犬、と決めた
飼い主がいなくて
いつも空腹で
用心深くて

そんなふうなさ
傲慢なさ
自己満足なさ
設定をしてたんだけど

悲劇的なね
感傷のね
ちょっぴり優しいね
設定にキミを巻き込んで

巻き込むことが暖かくて
寄り添いながら生きる感
それがお互い必要だったと

きっとそれはそうなんだけど
私の物語に巻き込んだキミを
いつの間にか私、もう一人の自分のように思ってた

キミがキミだけでしかない孤独のどうしようもなさを
他人が共感なんてしきれない部分を、私の設定に作り変えちゃった

かなしいこと、それいじょうに、寂しいことだよねそれ

痛みあったり、泣きあったり、抱きしめあったり、
キミが私じゃなくて私がキミじゃないからできたことが沢山あって
その温もり、安らぎ、愛しさを、
私が全部食べてしまってはいけないのだと、
分け合いっこしたから結び合えたんだと、

少なくともそのことに気がついて
なんだか私、キミを食べなくても満たされる

紙をむしゃむしゃ
紙をぱくぱく

そうじゃなくて紙には
手紙を書き続ければいいのだと

食べられない
キミは食べ物じゃない

食べ物じゃないキミに手紙を書くよ

もふもふの実験動物の暖かさを教えてくれたキミが
きっと笑ってすごせるように

もう食べたりなんてしなくて
せいぜい体の一部でしか繋がれないさみしさを

さみしさゆえに慈しむ

そんな愛し方を始められそうだから

優しくて傲慢な設定を解除したから

キミに手紙を書くよ

キミに手紙を書き続けられるよ







スポンサーサイト

プロフィール

青井橘

Author:青井橘
手紙書けなかった。
青井橘の手紙ページ。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。