青井橘  手紙書けばよかった。

いつかは届く。きっとやで。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ ありがとうがおかえりなさい

昔でも、今、でもいいや

住んでる人達の境界

そこらへんにある巨木の根元
あるいは巨石の上

なぞに、自分たちの作ったものを置いておく

貰った人はまた自分たちの作ったものを置いておく

でもね、どちらの人もその置かれてたモノの価値を知らないの

なんじゃこれ
あいつらのこれ、なんなわけ、ちょいキモ、食べれんの? くらいかもしんない

でも、価値がわからないから交換は続く

わけわかんないんですけどもらったし、今度は違うやつらにあげてみよう

見たことも聞いたこともない、わかんない、価値のないものがそうしてめぐる

そのうち誰かが、これってわりと良くね?キラキラしてね?ちょい嬉しいんですけど、となった時、そのモノは初めて「価値」を持つ

で、くれた相手にありがとうをかえしていく

え、そんなお礼言われるようなもんだったのあのわけわかんないのが

で、またありがとうをかえしていく

わけわかんないものがめぐり、いつか誰かにありがとうが届いた時、それはありがとうという価値のあるものだったと、はじめて知る

とまぁ、お勉強で言えば文化人類学なんだけど、こういうお話が好き

木の下や岩の上にあったわけわかんないものが、自分らへの贈り物だっていうのも勘違いかも知れない

いらないからかも
捨ててあったのかも

誰かに何かを貰ったんだ、わけわかんないけど
そう思える人間の勘違いからはじまったのかも

価値があるものないもの、そんなのだいたい決められちゃってると思い込んでる社会において

今のようにプロセスが見えない社会において

わけわかんないものが、ありがとうを連れて帰ってくるっていうの

価値をなんかでかい父親につけて貰うんでなく、ありがとうをまわしてくやりかたがアリだっていうの

ステキなキボウなんですよ

価値があるからお礼をするんではない

ありがとうが戻ってきてくれたわけ

それにありがとうと言いたいわけ

めぐっていく暫定無価値のなにものかを、贈り物されたのだという気持ち

価値はない
気持ちがあった

あのね、モノより心とか言ってないから

モノはモノ
心は心

価値でジョイントするのではなく双方が価値を産む

価値そのものなどという概念はない

どのジャンルにも

もらいました
ありがとう

だから何かを作る事はいつもプレゼントなのです

頑張って作ります

いま私の手にしてる紫色のへんなもの

価値を持つか持たないか楽しみです
スポンサーサイト

プロフィール

青井橘

Author:青井橘
手紙書けなかった。
青井橘の手紙ページ。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。