青井橘  手紙書けばよかった。

いつかは届く。きっとやで。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 太陽ふたっつ

東の窓から見える木が
強い風に大騒ぎしていて

なにをそんなに叫んでるん
なにをそんなに訴えてるん

そのうちに太陽がおりてきて
窓の外に見えるラブホの窓に
反射して

それはきれいにまあるく反射して
太陽がふえた

わたしは立ちあがり
南のベランダから西をみて
ふやした太陽の
ふやしたほうの面影をみた

空の紫とオレンジがにじんでうつくしく
わたしはうつくしい、といった
なくならないでくれと思った

隣の誰かは残せないからいいのだと
わたしはうなずく

生きるって、そういうことやで

残せないから残したい
わがままな わがままな

ラブホの営みはどのように
やがてふやされた太陽のほうから消えて
紫もオレンジも消えて

でも
君の声は残った
スポンサーサイト

プロフィール

青井橘

Author:青井橘
手紙書けなかった。
青井橘の手紙ページ。

リンク

最新記事

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。